読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

東京ディズニーリゾート

一足早い夏休みを取得して、東京観光&ディズニーリゾートへ21日から2泊で行ってきました。1日目はお台場と赤坂に東京観光。どっちも嵐のイベントです。お台場は”VS嵐”のコインタワー、赤坂は”ひみつの嵐ちゃん”のマネキン投票イベントです。赤坂には18時過ぎに行ったのですが、仕事帰りのOLがわんさかいました。そんで、係員の人に待ち時間を聞いています。「1時間くらいです。」「え〜〜っ!」と言いながら並んで行きます。信じられないです。(容量の関係で写真は割愛します)

翌日はディズニーランドへ。
朝9時の開門前に着くも既に長蛇の列。もう既に負けています。しかし暑いです。

まずは「バズのアストロ・ブラスター」のファストパスを取得。11:30分指定。それまでに他のアトラクションに並びに行く事にします。ケータイで待ち時間をチェックすると「ビッグサンダーマウンテン」が待ち時間40分とあるので、そこへ。40分とありましたが、30分くらいで乗れました。続いて「ホーンテッド・マンション」こちらも30分くらいで順番が回って来ました。下の子は小2なんですが、いちいち反応していてめっちゃおかしかったです。
そうこうするうちに11時を過ぎて来たので「バズのアストロ・ブラスター」へ。得点は2万5千点くらいでLV3でした。

この時点でモンスターインクのファストパスは売り切れ。「スプラッシュ・マウンテン」「プーさんのハニーハント」も21時頃と微妙な時間。これらは様子見として、代わりに「スペース・マウンテン」のファストパスを取得しておいて、お父さんのお目当て「キャプテン・EO」へ。

いやあマイケル、めっちゃ若かったですね。ヴィジュアル的にはこの時期のマイケルが一番自然でいいと思います。

「スペース・マウンテン」消化後は小さいのを消化します。「イッツ・ア・スモールワールド」「カリブの海賊」「トムソーヤ島のイカダ」などなど。

これは「イッツ・ア・スモールワールド」の中です。

15時頃、シンデレラ城の前で「クール・ザ・ヒート」という水掛けイベントがありました。

場所によっては結構濡れて気持ちいいです。服は速乾性の素材のものを着るのがよし。

だんだん夕暮れになってきました。だいぶ疲れて来たのでエレクトリカルパレードの場所取りへ向かいます。


エレクトリカル・パレードです。初めて見たけどきれいですね。






次の日はディズニーシーへ。
朝はチェックアウトやら何やらでシーへ到着したときは既に開門後でした。でも、ランドに比べると混雑度はかなりマシな感じです。

で、朝から恒例の水掛けイベントです。

ランドより強烈に水がかかります。特にステージになっている”F”ゾーン(写真のあたり)はズブ濡れです。気持ちよさそうです。

下の子の身長制限等もあって、あまりスリルのあるアトラクションに乗れませんし、前日の「スペース・マウンテン」がよくなかったのか、ジェットコースタータイプはイヤと言うのでほのぼの系へ。

「マーメイドラグーンシアター」です。ほのぼのして寝そうになります。

「海底2万哩」。待ち時間も知れてました。

シーは運河が通っているので、絵になるポイントが多いですね。

ということで2泊3日の強行軍で行ってきました。わたしと子供は初めてだったのですが、いくつかの点で感心しました。
アトラクションの待ち行列には大体屋根がありますし、ポイントによってはファンが回ってました。愛知万博でクソ暑い中、死にそうな思いをしたことに比べると雲泥の差ですね。USJに比べるとディズニーのキャラはアニメだからか統一感がありますね。パイレーツ・オブ・カリビアンで大物アトラクションがないのはその辺によるのでしょうか。USJも一つ一つの映画はいいんですけど、全体の統一感という点で劣りますし、何よりメインのキャラがわかりにくい。ディズニーの場合はミッキーマウスがいますし、他のキャラも負けてないですからね。その辺はやっぱり違うなとおもいました。

しかし、園内を歩き回るの疲れます。自転車で移動したいですね(笑)