読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

BG Fit & 芦屋浜ポタリング

昨日は芦屋のRideworks というお店で自転車のフィッティングプログラムBG Fitというのを受けてきました。
BG FitというのはSPECIALIZEDというメーカーが展開しているのですが、自転車は別に何を乗っていても構わないということなので、正しいポジションを獲得し、お尻の痛みを軽減するという目的です。こちらが紹介ページです。
店の中にこのようなコーナーがあり、3時間ほどかけて受講しました。流れとしてはまず身体の特徴、柔軟性や左右差を見ます。わたしは太ももの裏側(ハムストリングス)が特に固く、肩甲骨が固いということ、自転車乗るのに致命的ではないけどももう少しやわらかいほうがいいということでした。それと左足お大腿骨が1.5cmくらい長いそうです。

この後はビンディングシューズのソールやクリート位置を決めるのですが、まだシューズを持ってなかったのでシューズ選びからです。
で、このようなシューズにしました。vittoria のシューズです。シューズを決めた後は中に入れるソールを選びます。これで土踏まずとソールの間の空間をなくし、ペダリングをスムーズにするものというものです。

いよいよ、フィッティングに入ります。床のローラー台を置いて自転車をセットし、漕ぐ→調整する→漕ぐということを繰り返していきます。まずサドル高さの調整です。以前お尻が痛いという問題で下げたこともあり、結構上げました(2cm程度)。高さ的には問題がないけどペダリングが不安定ということで、ちょっと幅広のサドルに変えてみます。テスト用のサドルが何種類もあるのでいろいろ試せます。で、これがいい感じで自分でも安定したと感じました。

サドルを交換した後はハンドル位置の調整に入りますが、前後位置は特に問題ないということなのでこのままで。上下位置は下げる余地があるが、身体が固いのとメタボっているのでこのままで様子をみましょうということに。このプログラムは2回1セットになっており、2回目は3ヶ月くらい後にもう一度やることになります。ハンドルの角度を若干調整してハンドル周りは終了です。
最終チェックで右のシューズに薄いソールを一枚かましました。これ右足のペダリングが若干フラついているのでこれを矯正するためです。最後にフィッチング前後のペダリングをビデオで見ましたが、結構キレイになったのが自分でも解りました。ローラー台の上の事ではありますが、重いギアでも高回転で回せるようになったと思います。これで次のツーリングが楽しみになりました。

この後はこの近辺にお住まいのY先輩にご案内して頂いて芦屋浜までポタリングしました。
芦屋浜です。この写真は西を見ておりかすかに六甲アイランドのビル群が見えます。しかし9月というのに日差しが強烈です。

南側です。釣り人がたくさんいました。

北西の山側です。かすかに見える山は六甲山です。大阪から神戸に至る阪神間は山と海に挟まれた地域でどちらも近くていい感じです。

ヨットもたくさん出ていました。向こうに見えるのは大阪南港です。コスモタワーやWTCがハッキリ見えます。空気が澄んでいれば関西空港まで見えるということです。

芦屋浜のヨットハーバー。ちょっと日本じゃないような風景ですね。写真は撮らなかったのですが、クルーザーが家の裏に横付けしてある住宅がありました。さすが関西屈指の高級住宅地ですね。

この後帰路に着きました。Y先輩、暑い中ご案内ありがとうございました。またご一緒して下さい。
この日は40kmくらい走りました。