読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

ピアノソナタあれこれ

先日観た映画「トイレット」でベートーベンのピアノソナタ「ワルツシュタイン」が使われていてよかったので、あれから家でよく聴いてます。クラシックは基本的に門外漢なんですが、例外的に交響曲とピアノ系はちょくちょく聴いてます。

ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集」ウィルヘルム・バックハウス
ベートーヴェンピアノソナタ「悲愴」「月光」「熱情」に「ワルツシュタイン」の4つが収録されてます。演奏のほうもベートーベンのソナタといえばバックハウスという位に評価の高いものです。価格もリーズナブルで、コストパフォーマンスがめちゃくちゃ高いです。

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集


ショパン:ワルツ集」アリス=紗良・オット
漫画の話で恐縮ですが、愛読してる漫画に「ピアノの森」というのがあって、物語が今ショパン・コンクールなんでショパンピアノ曲がバンバン出てきます。それでポツポツとショパンピアノ曲についてCDを聴いてます。このワルツ集は最近注目を集めている日系のピアニスト、アリス=紗良・オットさんの新作です。女性ならではの繊細なタッチ、特にピアニシモの表現がいいですね。

ショパン:ワルツ集

ショパン:ワルツ集

YouTubeにアリス=紗良・オットが弾く「ワルツシュタイン」の動画があったのでリンクを貼っておきます。

このCDは珍しくリアルショップで買ったのですが、大阪駅前第1ビル地下にある「Walty堂島」という店で買いました。ここはクラシックとジャズの専門店で、結構広い店内の60%くらいがクラシックのCDです。クラシックのCDの半分以上が輸入盤なんですが、中には結構安いものもあって吃驚です。今ベルリン・フィルの常任指揮者であるサイモン・ラトルの「ベートーベン・交響曲全集」も輸入盤がネットとあまり変わらない価格で売ってました。久しぶりにCDショップに行ってワクワクしましたね。

Walty堂島のWebサイト(http://walty-doujima.jugem.jp/