読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

ウスケボーイズ―日本ワインの革命児たち 河合香織

book

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち

国産ワイン生産に取り組む人たちについてのノンフィクションです。ウスケボーイズというのは、国内でのワイン普及、開発に功績のあった麻井宇介氏の教えを実践している者という意味が込められています。
本書を読んで初めて知ったのですが、地方に行くとよく売ってある「○×ワイン」というのは大多数が単にそこで醸造のみをしているだけで、原料のぶどうは輸入されていたりで、現地栽培しているものではないということです。(日本では特に違法ではないそうです)本場フランスではワイナリーがぶどうを栽培して醸造してますし、ワインとはそういうものだと思っていたのでちょっと驚きでした。
この本で紹介されている3人の生産者達は原料のぶどう栽培からワイン造りに取り組んでいますが、大変な困難の末にワインを送り出しています。ホント読むだけで気が遠くなるような作業で、想像を絶します。
3人のウスケボーイズのサイトがありましたので記しておきます。

城戸ワイナリー
小布施ワイナリー
ヴォー・ペイサージュ

わたしは基本的にビール党なんですが、「ウスケボーイズ」の造ったワインを是非飲んでみたくなりました。