読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

ラグビーW杯、準決勝結果

ラグビーW杯決勝トーナメントも佳境に入り、15、16日は準決勝が行われた。結果は下記の通り。

No 敗者 スコア 勝者
1 ウェールズ(D2) 8 - 9 フランス(A2)
2 オーストラリア(C2) 6 - 20 ニュージーランド(A1)

フランスーウェールズ戦はフランスが1点差で辛くも逃げ切った。ウェールズは前半10分にプロップ、ジョーンズが負傷退場、20分には主将のフランカー、ウォーバートンが危険なタックルで一発退場となり残り60分を14人で戦わないといけなくなってしまった。退場という判定は微妙で故意という感じには見えなかった。ちょっと厳しかった気もする。しかしウェールズは一人少ないというハンデを全然感じさせないプレーでフランスにプレッシャーを与え、僅差の勝負に持ち込んだ。惜しむらくは正キッカーのスタンドオフが怪我で出場できなかったため、キックの失敗が数本あったこと。ウェールズは予選の南ア戦でもキックをハズして1点差で負けてしまったが、僅差の試合では本当にキックは重要だ。フランスは前試合はいいフランスが出ていたのに、準決勝ではまたもや影を潜めてしまい、持ち味を発揮出来ていなかった。それでも勝てたということは地力はあるということだろう。特に防御はしつこくやっていた。決勝でも同じように防御できれば面白い試合になるかも。
NZは豪州をノートライに押さえて快勝。点差以上に差があった気がする。ワラビーズも南ア戦同様によくディフェンスしてしのいでいたが、要所で反則を犯しキックで加点されてしまったのがよくなかった。ずっとAll Blacksに主導権を握られたまま、ノーサイドとなってしまった。

これで決勝はフランスーNZ戦、3位決定戦はウェールズー豪州と第一回大会と同じ組み合わせとなった。(ちなみに第一回大会もNZ開催)ここまでの戦いぶりを見ているとAll Blacksだけは危なげない試合を続けており、予選プールでもフランスを一蹴しているため、All Blacksが断然優位であろう。3位決定戦は微妙で、両チームとも怪我人が多く若手主体のメンバー構成となりそうで、チャンスはどちらにもあるのではないだろうか。