読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

カナダ戦(PNC杯第1戦)結果

2014年度の Pacific Nations Cupが開幕。日本代表は第1戦をカナダと対戦。今年はプールを2つに分けて開催、日本は8日にカナダ戦、15日に米国戦をいずれも敵地で戦う。カナダ戦は日本時間で9日午前11時にキックオフ。カナダとはいつもいい勝負になる。昨年は3点差で辛勝したが、今年はスカッと勝ちたいところ。

前半と後半で全く違う展開となった。前半、カナダの出足がよく密集でボールが取れない。このところ強化されたスクラムも不発気味で優位に立てない。1トライ取られたあとはPGの応酬で我慢の展開となったが、30分過ぎにフッカー堀江がシンビンで10分間退場、これが痛かった。フッカーはスクラムでのフッキングの他、ラインアウトでのスローイングを担うことが多く、不在はチームバランスに非常に影響する。堀江が退場してる間に2トライを献上してしまい、前半はまさかの 9-25で折り返し。カナダの出足の良さにチームが浮足だっている感じだった。

しかし、最近の日本代表はハーフタイムで修正できるところに進歩が見られる。後半は終始日本のペースとなった。スクラムも優位に立ち、アタックのペースも掴めるようになった。カナダもバテてきたのか足が止まった感じ。開始早々にWTB藤田のトライ、14分に五郎丸のPGで追い上げる。20分にセンター田村が中央にトライ。このトライが楽にいい位置に取れたのが大きかった。これで24-25とし、30分過ぎにセンターのツイがトライして逆転に成功。終わり際に五郎丸のPGで追加、34-25で逆転勝利した。

これで昨秋の欧州遠征のロシア戦、スペイン戦、今年に入ってのアジア5カ国対抗、先日のサモア戦に続いてテストマッチは8連勝となった。このところの安定した戦いぶりであるが、スクラムラインアウト等のセットプレーが安定してることが寄与している。今日の前半はセットプレーがあまり良くなくスコア的にも劣勢だったが、修正出来た点は評価できる。気になるのは藤田の怪我*1。後半右隅にトライした時に肩を痛めて退場してしまった。

来週は米国戦、月末には秩父宮でイタリアを迎え撃つことになっているが、是非10連勝といきたいところだ。

*1:残念ながら負傷で離脱決定