読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

「ビートルズの真実」、「Rubber Soul」

book Music

ビートルズの真実 (中公文庫)

ビートルズの真実 (中公文庫)

ビートルズ研究家と熱烈なファンの二人による著作。対談形式という形で、4人の生い立ちから成長、出会い、デビュー、解散、ソロ活動までを俯瞰して取り上げてある。どちらかというと音楽的な事よりは歴史的な事に重点が置かれていて、時にはかなり詳細な事まで突っ込んでいるので、それなりに知ってるよっていう人でも「へー」と思うことが多いのではないだろうか。 ビートルズ礼賛者の手による本なので、とにかくビートルズに関しては持ち上げてある。どちらかというとストーンズ派のワタシからするとその辺はちょっと鼻につく感じではある。面白いのは4人のソロ活動に関しては割と批判的な感じで、特にジョンのソロ活動については手厳しいなと思った。

ビートルズのアルバムの中で一番好きなのは「Rubber Soul」。中期のアルバムはどれも好きで「Revolver」、「Sgt.Peppers Lonley Hearts Club Band」もよい。後期もいいけど、やはりバンドとしてのまとまりが感じられる中期がいい。

曲では”Drive My Car", "Norwegian Wood", "In My Life", "Girl"あたりが特に好きです。