読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

"Southbound" the Doobie Brothers

Music

Southbound

Southbound

The Doobie Brothersの新作はカントリー界のアーティストと共演して、過去の名曲をセルフカバーしたアルバム。

"China Groove", "Takin' it to the Street", "Long Train Running", "Rock'in Down the Highway"など定番曲が目白押し。初期の曲が多いけど、曲によってはMichael McDonaldも参加している。ボーカルは基本カントリー界のゲストが取っているがメンバーも歌っている。 「また昔の曲かよ」と思わないでもないけど、聴いてみるとこれはこれで悪くないです。最近結構な頻度で聴いてます。"Black Water"のコーラスなんかええですね。


The Doobie Brothers - Southbound Music Video ...

youtubeに予告編みたいなビデオがあったのでご紹介。2曲目の”What a Fool Believes” に参加しているSara Evansがなかなかいいです。

doobieというツインドラムにトリプルギターという大編成なバンドだが、ビデオを見る限りドラムは1人のような感じ。ギターはTom Jonston, Patrick Simmons, John Mcfeeのお三方とな元気な様子で何より。Michael McDonaldも相変わらずええ声してますね。