読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

iTunes Match に加入してみた

Music Mac

先日、Apple Musicが発表されてすっかり周回遅れな話題ではあるがiTunes Matchに加入してみた。

ASCII.jp:Apple Musicついに開始! ところで音楽ストリーミングってなに? (1/2)|WWDC 2015 - アップル開発者イベントでなにが出る!?

pc.nikkeibp.co.jp

iTunes Matchとは?

iTunes MatchというのはAppleが提供するサービスで、平たくいうとユーザのライブラリにある楽曲をAppleがネット上に提供する「iCloud」で管理してくれるサービス。もちろん全てのユーザの楽曲をiCloudで管理したら、なんぼディスクがあっても足りないので、ライブラリの曲とAppleが運営するiTunes Storeで提供している曲で同じものがあれば、それを聴取可能、ダウンロード可能にしてくれる。ないものはiCloudにアップロードされる。サービス利用料は年間¥3,980円(税抜き)。

iPhoneでも利用可能

一旦iTunes Matchに加入すると、加入した時のApple IDで管理されるので同じIDを使えばiPhoneでも利用可能となる。つまりライブラリをiPhoneに同期しなくてもiCloud上から落として聴けるという訳だ。(もちろん通信料はかかる。)この時マッチしている曲はiTunes Storeで提供しているビットレートが256Kbpsものが聴ける。(ライブラリ側のビットレートとは関係ない)

マッチングは波形を比較か

さて、何を基準にマッチングしているかということだが、マッチするには下記2つの条件が必要のようだ。

  • アルバム(もしくはシングル)がiTunes Storeで取り扱っている

  • ライブラリとiTunes側の曲の波形が近似している

曲名とかアルバム名はユーザ側で何とでも変更できるのでそういう情報ではなく、音そのものを比べているという訳だ。

曲数が多いとマッチングにはそれなりに時間がかかる

音そのものを比較しているので、ライブラリの曲がそれなりにあるとそこそこの時間がかかる。ワタシのライブラリで約19,000曲くらいがマッチング対象となっていたが、だいたい12時間くらいかかった。 f:id:mucho66:20150617010031j:plain:w450

次回はマッチングの結果や使い勝手について書いてみたい。