読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

サンウルブズ 8戦目で初勝利をゲット!

サンウルブズ、8戦目にしてホーム秩父宮でスーパーラグビーでの初勝利!同じく新参のジャガーズを 36 - 28で降した。

www.sanspo.com

第2戦のチーターズ戦を見ていると初勝利もそう遠くないと思っていたが、第3戦はレベルズに完敗、続くブルズ、キングス戦と惜敗、アウェイでのストーマーズとチーターズには大敗と段々と試合内容も悪くなってきたし、稲垣、山田と怪我人も増えてきてどうなることかと危惧していた。

特に南アでのアウェイ3連戦は相当にタフな状況だったようだ。ストーマーズは現在南ア組の首位だし分が悪いと見ていたが、2戦目で1点差負けのチーターズにあそこまで大敗するとは思いもよらなかった。

秩父宮での試合は3/19以来約1ヶ月振り、何とかリセットしたいところ。相手は同じく新規参入のアルゼンチン・ジャガーズ、こちらもこれまで1勝と苦しんでいる。メンバーの7割は先日のW杯でベスト4に入ったアルゼンチン代表で固めているのだが、それでも勝ちが1つということはスーパーラグビーのレベルの高さが伺える。


Super Rugby Round 9: Sunwolves v Jaguares

前半は13 - 18 で折り返し。後半開始早々にPGで3点を追加、2点差にしたところ、パスをインターセプトされてトライされ 16 - 25と離される。しかし今日はホームということもあり、ここで気持ちが途切れることなく、立川からカーペンターが縦に突っ込みトライ、23 - 25。26分にPGで逆転した後、PGを1つずつ取り合って 29 - 28とわずかに1点リード、残り1分のところでゴール前のスクラムから立川がゴール中央に飛び込んでトライ、ジャガーズを突き放した。

セットピースが安定

今日はセットピースが安定していたことが勝因だろう。スクラムは何度か押し込まれる場面もあったが全体的に安定していた。ラインアウトはまだ勝負所でもミスがあるが、ここ数試合に比べると修正されていた。バックスのアタックもよくゲイン出来ていたし、ディフェンスも低くいっててよく頑張っていたと思う。

簡単に勝てるリーグではないことは分かっていたけど、やはり勝たないとファンも辛いしメディアもあまり取りあげてくれない。前節や前々節のように大敗したりするといろんなところで不協和音が聞こえてくるようになる。この状況は勝つ事でしか改善できないという事を選手もよくわかっていたと思う。特に後半、みんな気合いが入っていて闘志が感じられた。スタジアムも初戦に比べるとやや寂しかったけど、大声援でチームを後押し、いい雰囲気だった。5/7のフォース戦も連勝を期待したい。秩父宮行きを検討しないと。