読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

ジョコビッチが全仏オープン制覇、生涯グランドスラム達成

テニスの全仏オープン、男子シングルスの決勝が5日行われ、ジョコビッチがセットカウント3−1でマレーを退け、初の栄冠を手にした。

www.thetennisdaily.jp

いやージョコビッチ強いです。この勝利でジョコビッチは生涯グランドスラムを達成、しかも昨年のウィンブルドンより4連勝と年をまたがってはいるが実質的に年間グランドスラムと同じである。年間グランドスラムの達成者は男子シングルスにおいて過去に2人しかいない。どれほど凄いことかお分かりいただけるだろう。

現在のテニス界ではジョコビッチナダルフェデラー、マレーの4人が「ビッグ4」と呼ばれているが、このところの成績をみるとジョコビッチの「ビッグ1」時代と言っても過言ではない。とにかく2011年以降の4大大会における成績が凄い。全豪は2014年を一度落としただけで全て優勝、全英は2011,2014,2015と優勝で2012年は準々決勝、2013年は決勝に進出しているし、全米も2011年、2015年と優勝、2012- 2014年は決勝、決勝、準決勝と進出している。鬼門だった全仏もファイナルかセミファイナルには進出しており、ずっと高いレベルを維持している。今年は五輪もあるのでゴールデンスラムの期待も十分だし、ひょっとすると五輪、全英、全米と勝ち男子初の年間ゴールデンスラムを達成するかもしれない。*1

私はジョコビッチは特に好きな選手ではなかったのだが、4大大会に必ず出て来る彼のプレーを見ている内にかなり好きな選手になってしまった。まず守備範囲が広く、絶対無理と思われるボールに追いついてくるし、ショットの正確性に優れており、そこからあり得ない角度でリターンが絶妙な位置に返せるのが凄い。サーブも速いし、両手バックハンドは強烈で威力がある。コートを問わないオールラウンダーでもあるし(クレーはやや苦手のようだが)、何よりけ怪我が少ない(欠場しない)のが凄い。当面ジョコビッチ時代は揺るがなさそうです。

NBAファイナルはウォリアーズが先制、2連勝

NBAのファイナルは2年連続ででキャバリアーズとウォリアーズの対戦となったが、ウォリアーズがホーム、Oracleアリーナでの2戦を連勝した。

number.bunshun.jp

ウォリアーズはプレーオフオクラホマシティ・サンダーにかなり苦しめられ1勝3敗の崖っぷちから這い上がってきた勢いそのままにファイナルを連勝した。サンダーには得点源のカリー、トンプソンの3点シュートコンビ「スプラッシュ・ブラザーズ」を徹底マークされ、リバウンドもなかなか取れなくて苦戦を強いられたが、ファイナルではカリー、トンプソン以外が活躍している。リバウンドも取れているので、キャバリアーズとしてもなかなか厳しい感じ。ホームに戻った3戦目に注目。

*1:女子では88年にグラフが唯一達成している