読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

6/18日本代表VSスコットランド第一戦

6/18日(土)、スコットランドとの第一戦は愛知県は豊田スタジアムで行われました。

f:id:mucho66:20160618184212j:plain:h450:left名鉄豊田市駅を降りて駅に直行する大通を道なりに歩いていくと大きな橋が見えてきます。橋を渡ると豊田スタジアムです。名古屋駅からは電車で1時間くらい。

初めて来ましたがかなり大きいですね。名古屋グランパスのホームでもあります。スタジアムまで駅から歩いて20分くらいでしょうか。
f:id:mucho66:20160618184452j:plain:w450:left
凝った意匠でかっこいいです。設計は黒川紀章
f:id:mucho66:20160618185038j:plain:w450:left

今日の試合はリポビタンDチャレンジカップとして開催されます。いつもサポートしてくれる大正製薬には感謝ですね。
f:id:mucho66:20160618185148j:plain:w450:left

本日はバックスタンド側で観戦。チケットも気合い入れて取ったのでかなりいい席が取れました。サッカー用に作られただけあってとっても見やすいです。練習中の日本代表、引き締まったいい表情です。
f:id:mucho66:20160618185923j:plain:w450:left

メインスタンドは4階席まであります。収容能力は45,000人。今日は24,000人くらいは入ったようです。
f:id:mucho66:20160618185928j:plain:w450:left

テストマッチなので国歌斉唱がありました。ラグビーに限らず国歌斉唱のあるスポーツイベントに参加したのは初めてでした。なかなか感動的です。
f:id:mucho66:20160618191745j:plain:w450:left

さて、ゲームのほうなんですが、レイドローにPKを決められたものの前半8分過ぎにPKからSH茂野が速攻をしかけ、テンポのいいアタックでボールを繋ぎ、最後は主将堀江がトライ。スタジアムは大興奮!屋根があるので歓声が反響して凄いです。
f:id:mucho66:20160618192705j:plain:w450:left

f:id:mucho66:20160618195723j:plain:h450:leftしかし、前半の15分くらいにFB松島が負傷退場してしまい、雲行きが怪しくなってくる。スコットランドも徐々に地力を発揮、スクラムでは反則を取られラインアウトもプレッシャーがあり、密集も要所ではスローダウンさせられてなかなか波に乗れません。痛かったのは前半34分過ぎにツイが反則の繰り返しでシンビン退場に、さらに37分過ぎに松島から交替したFB松田がスコットランドアタックのパスをインターセプト気味にカットしたのだが、これが反則認定でペナルティトライとなってしまい、しかもシンビンまで付いてしまって13人に。

後半もシンビンが解除になるまでに1トライを許してしまう。15人に戻ってからは追加点はPG1つに抑えて粘ったが、逆にアタックも最終的にはミスがあったりターンオーバーされたりでトライは取れなかった。何度かチャンスがはあったのだが取り切れず、最終スコアは13-26で敗れ、W杯の雪辱はならず。

www.sanspo.com

第2戦は25日、味の素スタジアム。快勝を期待したい。

キックオフの時間には注意が必要。

豊田スタジアムは最寄りの交通機関が名鉄だけで、帰りはかなり混雑します。この日はキックオフが19:20、試合終了後スタジアムを出たのが21時くらい。この時間ですと新幹線では東京には戻れません。大阪も最終の新幹線にはかなり微妙でしょう。遠方から来る場合はキックオフ時間には注意が必要ですね。