読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

Eric Clapton, Stingの新譜

Claptonの新譜は"Live in San Diego" とライブアルバム。Special Guest J.J.Caleとあるが、J.J.Caleだけでなく、Drek TrucksやDoyle Bramhol II などが参加していてギターが厚いです。

LIVE IN SAN DIEGO

LIVE IN SAN DIEGO

曲は"Tell the Truth"や"Little Wing" などのDrek & Dominosの曲が多めに取り上げられてファンには嬉しいところ。Clapton には珍しくFunkiyな曲があり、アルバムは大概持ってるのに聴いたことがなかったので調べたら、Derek & Dominos時代にシングルB面として出た曲だそうだ。それがこの曲 "Got to Get Better in Your Life"。


Eric Clapton - Got To Get Better [Live at Crossroads 2013]

こういう曲はリズム隊のよさが際立つなあ、さすがGadd先生と思ったら Steve Jordanだった。BassはWillie Weeks、いいですね。Disk2 に入ってるBluesがまたいいです、"Little Queen of Spades","Further on Up the Road" ここぞと弾きまくる Clapton に会場も盛り上がってます。

こちらはSting の新譜。久方ぶりにRockしてます。

57TH & 9TH / DELUXE ED

57TH & 9TH / DELUXE ED


Sting: I Can't Stop Thinking About You (Live) - New Single | from "57th & 9th"

Stingのソロはだいぶ Jazz寄りで"Englishman in N.Y." なんかはいいんだけど、ちょっと落ち着き過ぎなところもあり、その点新作はいいですね。でも、こういう曲調だとPoliceでやって欲しいなあと思ってしまう。