読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

"Wonder Days" Thunder

Music

英国のハードロックバンド、Thunderが出した久々の新譜らしい。

ワンダー・デイズ+ライヴ・アット・ヴァッケン 2013+キラーEP(未発表4曲収録)【初回限定盤CD3枚組スペシャル・エディション/日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入】

ワンダー・デイズ+ライヴ・アット・ヴァッケン 2013+キラーEP(未発表4曲収録)【初回限定盤CD3枚組スペシャル・エディション/日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入】

らしいと書いたのはつい最近までThunderのことはほとんど知らなかったからである。ある日たまたまWOWOWを見ていたら「ラウドパーク」というヘビィ・メタルのフェスティバルをやっていて、何の気なしに見ていたらあるバンドに引き込まれた。曲もいいし、ボーカルもなかなか存在感がある。サビはコーラスを被せていてクイーンみたいだし、よく見ると衣装も全然メタルっぽくない。どんなバンドか気になっていろいろ調べるとどうもThunderというバンドのようだ。名前は聞いたことあったけど、音を聴くのは初めてだった。

調べるとThunderは英国から90年にデビューしたということで、それなりに老舗のバンドだった。名前は知っていたけど、何故かジャーマンメタルの一派かと勝手に思っており、ロックの中でもメタルとプログレは苦手分野なので今までちゃんと聴いたことがなかった。更に調べると近々に新譜が出るらしい。ということで前置きが長くなったけど、かくしてThunderの新譜を入手したという訳。

以前のアルバムとの比較はできないけど、ハードな曲、軽快なR&R、アコースティックな曲とバラエティがあるし、ナカナカいいです。デフレパードをハードにした感じといえば近いだろうか。


Thunder Live (5) - Dirty Love - YouTube

ビデオは昔の曲だけど、演奏自体はそこそこ最近のものと思う。冒頭90秒くらいお客をいじってます。で、曲の途中でCall & Response。お客も楽しそうでいい感じ。昔のアルバムも聴いてみたい。