My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

リーグワン プレーオフ準決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京

5/21、ラグビー、リーグワンのプレーオフトーナメントの準決勝が花園ラグビー場で開催された。東京サントリーサンゴリアス東芝ブレイブルーパス東京の一戦となり、くしも府中ダービーとなった。

これまではそれぞれのチームのホームスタジアムをメインに開催していたが、トーナメントは花園、秩父宮、国立というラグビーファンお馴染みの会場となっている。

花園でダミアン・マッケンジーを見る機会はこれが最後かもしれないので、現地観戦。天理大優勝メンバーのプロップ小鍛冶とスタンドオフ松永が東芝に入ったので東芝を応援。松永はフルバックで出場、スタンドオフは鹿児島大出身の中尾が務める。中尾も強豪大の出身ではないので、応援してしまう。もちろん、リーチ・マイケルも。

バックスタンドやったけどいい席が当たった。天気は曇天でイマイチだったが、バックスタンドは晴れてると太陽が当たって眩しいので観戦には都合がいい。

さすがに両チームとも気合が入ってて好ゲーム。写真撮るのも忘れてゲームに没頭。前半はどちらも譲らず 17 -17で折り返し。

後半は最初に東芝がトライを取ったが、サンゴリアスもダミアン・マッケンジーがPGを2本決めて1点差に詰め寄る。その後ゴール前のラックから中村がピックアップしてトライを決め、30 - 24 とリード。

62分くらいに東芝が右サイドを抜け、最後はロックがインゴールに雪崩込んだ。トライかと思われたが惜しくもノートライ。結局、サンゴリアスが6点差を守りきり、決勝行きを決めた。

ブレイブルーパスフロントローを入れ替えてからスクラムで劣勢になったのと、ラインアウトが乱れたのが痛かった。特にラインアウトは5本連続で落とし致命傷となってしまった。それでも6点差と僅差だったので、強い東芝が戻ってきたと感じさせるゲームだった。

お目当てのダミアン・マッケンジーは流石の一言。キックは何本か外したけど、大事なところはきっちり決めたし、グランドを縦横無尽に走って時にチャンスメイク、あるいはディフェンスにと運動量が半端なかった。個人的には昨年いたボーデン・バレットよりいいんじゃないかと思った。

準決勝のもう一戦は埼玉パナソニック・ワイルドナイツが勝利。決勝はサンゴリアスワイルドナイツの1位、2位による決戦となった。どちらが初代王者になるか今から楽しみだ。

ビワイチ(北湖のみ)

ずっと走ってみたかったビワイチ(琵琶湖一周)にチャレンジしてきました。

とりあえずは北湖のみ(琵琶湖大橋より北)を走って、調子がよく、かつ時間があればフルにも挑戦と思ってましたが、北湖だけでお腹いっぱいになったのでフルは断念。

起点は守山市。モニュメントのある辺りから左回りに一周です。

https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/3/7/298wm/img_370fd3caca7162f9bfed9dcb4b5f196f654390.jpg

基本的に道路上にブルーラインが引いてあり、道に迷うことはないです。分岐点でもちゃんと方向が記されてます。奥琵琶湖のあたりで一部ラインがないところがありますが、95%以上は引いてあるように思います。滋賀県はかなり気合を入れて道路整備したようです。 (上の画像は京都新聞サイトのリンクです)
自転車からしてみるとブルーラインのおかげで自転車のエリアが確保されててよいのですが、道路の幅員が狭いところだと車がかなりスレスレを通っていくのでちょっと怖いですね。後でブルーラインがあるところを車で通りましたが、車から見るとブルーラインと中央のラインの間に自分の車が収まってるようには見えないところもあります。自転車のために道路を拡幅した訳ではないからしょうがないですが、走行時には要注意。
車道が上級コース、歩道・自転車道が低速コースという分け方になってます。歩道側でも歩行者はそれほどいないのですが(ハイシーズンだとまた違うのかも)、概して路面の状態は車道のほうがよくて走りやすいです。

彦根あたりまで来ました。この日はずっと曇天で気温も5月にしては低くて、半袖しか持ってこなかったので終始寒かったです。

長浜市、奥琵琶湖に入る手前まで来ました。ビワイチルートはほぼフラットですが、この後、賤ヶ岳を登ります。そこまで厳しい登りではないです。賤ヶ岳はトンネルがありそっちを通れば登りは回避できますが、コース上は避けています。トンネルが狭くて危険だからなのでしょう。

北端の海津港の手前付近です。奥琵琶湖のあたりは交通量も少なく走りやすいです。景色も里山な感じになってきますし、湖岸以外も走ってみたいですね。

賤ヶ岳を降りた後、道の駅「塩津海道 あぢかまの里」によって昼食を取りました。ここまでで半分ちょいといったところ。

湖西の大津市に入ったあたりです。比良山側を見ています。3/4くらい走ったことになります。

湖西より湖東方面を望む。湖西方面はコンビニが少ないので要注意。昼食後、適当なコンビニまで走るつもりがなかなかコンビニが出てこなかった。

琵琶湖大橋の西詰までやってきました。これを渡れば起点(ピエリ守山付近)はすぐです。

湖岸ということで風が強いのでは?と思ってましたが、この日は意外とマシでした。一部、奥琵琶湖の山側の方で風の強いところがありましたが、湖岸は比較的穏やかで意外でした。
出発は朝9時くらいで、戻ってきたのが夕方17時半過ぎ。走行ログを見ると153kmくらいを6時間40分くらいかけって走ったと記録されてました。何度かの休憩と昼食を含めて総トリップ時間は8時間と30分くらいでした。

フル一周すると200kmになりプラス40kmなので、あと2時間くらいは見ておかないといけないですね。となると出発を2時間早めれば1日で走り切ることが出来るかも。ただし体力的にはちょっと不安でこの日も終盤は足に来ていて痛みもあったし、もう少し乗り込んでおかないと厳しそうです。

鎌倉殿の13人

何年か振りに大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を観ている。

www.nhk.or.jp

鎌倉幕府樹立後の話がメインということで何か地味だなと思いつつも、三谷幸喜作品ということもあり何話か観たところこれが結構面白くて毎週観ている。お得意のコメディ要素はしっかり抑えつつ、シリアスな部分もきっちり盛り込んであって飽きさせない。さすが大河ドラマ、キャスティングも豪華で、特に小池栄子北条政子はハマってると思う。青木崇高木曽義仲もいいですね。なんで長澤まさみが語りなのかはよくわからなくて違和感があったけど、毎週観てると馴染んでくるもんですね。

三谷幸喜作品では映画「清須会議」も面白かった。大河では頼朝を演じる大泉洋が秀吉を演じているが、名古屋弁がネイティブっぽくて意外だった。


www.youtube.com

タイトルに会議とあるだけに戦闘のシーンとかは全くない。歴史モノとしては珍しい部類に入るだろう。「鎌倉殿の13人」も合戦のシーンはあまりなくてちょっと物足りないのだが、その分人間ドラマに重きを置いてるということだろう。

関連本もたくさん出てるけど、「鎌倉殿と13人の合議制 」を読んでみた。頼朝と坂東武者との関係や中央(京)に対する関東の位置づけとか、13人の出自などわかりやすく記載されていて読みやすい。源氏は身内でガンガン争うのですね。義仲と頼朝は従兄弟だし、そもそも頼朝の父、義朝と義仲の父、義賢も兄弟でありながら争ってる。 ドラマにも出てくる武田信義(信玄の祖先)も先祖は同じ頼義になるが(かなり遠いが)、どちらが源氏の棟梁かということを競っている。後の太平記の時代には足利尊氏新田義貞が争うけど、二人の祖先は源義家の四男、義国である。このあたりは平氏とは違っていて興味深い。

13人の出自を見ると源氏はほとんどおらず平氏の子孫が多くて(千葉、上総、三浦、梶原など)意外なのだが、中央を牛耳っていた平氏とは遠く一族意識とかはなかったということなのだろう。

ドラマではちょうど源平の戦いが終わりつつあるが、今後の展開が楽しみである。

白井大町藤公園から竹田城址

連休中、何気にローカルニュースを見ていたら兵庫県朝来市の大町藤公園の藤が見頃だということで、自転車で走ってみるかと連休終盤に行ってみました。

ググって見ると結構遠いので車載で行くことに。中国道から舞鶴道、北近畿豊岡自動車道と乗り継いで2時間くらいで最寄りの拠点に到着。

「但馬のまほろば」という道の駅です。北近畿豊岡自動車道PAも兼ねてます。ここから出発。

このあたりは兵庫のいわゆる中山間地域にあたり、こんな感じの自転車で走るのはもってこいの道が多そうです。

右の線路は山陰本線。特急ぽいけど(サンダーバードとかと同じタイプか)何だろう。

大町藤公園に到着。結構な人手でした。

公園を登って上から見るとこんな感じです。

大町藤公園から西に30分くらい走って竹田城址に到着。200mくらい登りがあってそれなりにしんどいです。ここから竹田城址まではさらに徒歩で登らないといけないみたい。(途中まではバス、タクシーも使えますが)
30分くらい徒歩で登って竹田城址に到着。素晴らしい眺望です。古城山(虎臥山)の上に築城されてますが、山の周囲360度に眺望が開けています。こちらは東側、播但線竹田駅周辺が見えています。

本丸手前から南千畳を見ています。雲海は秋、9月〜11月の朝に出やすいそうです。

こちらは天守台。高さは353.7mだそうですが、もっと高いように思えますね。

こちらは南西側。周囲はほぼほぼ田園地帯で癒やされますね。

竹田駅よりやや南側を見ています。中央を流れている川は円山川、朝来から養父、豊岡を通り日本海へ注いでいます。

兵庫の北側を走るのは初めてでしたが、車も少なくてなかなかよかったですね。走れそうなところをいろいろ探してみたいと思います。

背割堤、嵐山まで久しぶりに自転車

先週は桜を観に背割堤まで久しぶりに自転車に乗りました。

f:id:mucho66:20220402124959j:plain:w500

花粉症なんであまり花見に行くこともないけど、かなり暖かくなってきたし、たまには外に出るのもいいかと。 今年は結構寒かったせいか、花粉の終わりが遅いですね。帰ったら目が痒くてしかたない。

f:id:mucho66:20220402123441j:plain:w500

木津自転車道への分岐点、やっと舗装されたみたいだけどいつになったら通れるのだろう。

f:id:mucho66:20220402145441j:plain:w500

ちょうど満開だったみたいでタイミングよかったです。

f:id:mucho66:20220402130422j:plain:w500

結構な人手でしたがコロナ前はもっとすごかったんでしょうね。

f:id:mucho66:20220409125446j:plain:h450

今週はもう少し足を伸ばして嵐山まで。道の名前が京奈和自動車道に変わってました。ここを起点に以前の嵐山自転車道、木津自転車道で奈良に入り、奈良では山のふもとを通って和歌山に抜け、紀の川沿いに和歌山市まで全長180kmくらいが京奈和自動車道として整備されているようですね。

f:id:mucho66:20220409133104j:plain:w500

先週より更に天気がよく気温も高かったです。そのせいか、花粉もいっぱい飛んでたようでかなり辛かった。早くシーズンが明けてほしい。

f:id:mucho66:20220409125900j:plain:w500

嵐山も結構な人手でした。自転車乗りの皆さんもたくさん走ってましたね。以前に比べて女性比率がだいぶ増えた気がします。

f:id:mucho66:20220409142022j:plain:w500

梅雨に入るまでは一番いい季節ですから、走れるうちに走っておこう思います。