読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

村治佳織 「ソレイユ〜ポートレイツ2」

クラシック・ギタリスト、村治佳織のソロアルバム最新作です。このところ毎年のように新作を届けてくれています。

ソレイユ~ポートレイツ2~(初回限定盤)(DVD付)

ソレイユ~ポートレイツ2~(初回限定盤)(DVD付)

タイトルにポートレイツ2とあるように、昨年の同時期に出たアルバム「ポートレイツ」と同じコンセプト、”ギターで弾きたい名曲たち”を踏襲しており、今作もクラシックに留まらずいろんなジャンルの曲を取り上げています。前作はThe Beatlesの"In My Life"や坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」、Eric Claptonの"Tears In Heaven"などの有名どころが取り上げられてましたが、今作はポップスで誰もが知ってる曲はThe Beatlesの"Here Comes the Sun"くらいで、キース・ジャレットの曲がチョイスされていたり少しだけマニアックな選曲となっています。しかしながら「カルメン組曲」にギター一本で挑戦していたり、その表現力にはますます磨きがかかってます。
クラシックの名門レーベルでもある英デッカ*1が初めて契約した日本人でもありますから、演奏は文句なしです。速いパッセージはエモーショナルに、ショパンの「雨だれ」のような曲はしっとりと聴かせてくれます。とっつきやすさでは前作ですが、聴き込むといいのは今作のような気がします。*2
youtubeにもいろいろありますが、「タンゴ・イン・ザ・スカイ」をチョイス。

こういうスパニッシュな曲が実は一番いいかもしれませんね。いかにも江戸っ子風な歯切れのよさがいいです。

*1:The Rolling Stonesがデビューから70年くらいまで契約していたのもデッカである。

*2:ジャケットの写真は前作のほうが好みですね。