読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

2010年回顧<音楽編>

映画編に続いては音楽編です。一応購入したCDに限定しています。
まず新譜では下記がよかったです。(どれもblogで紹介してますが)

その他 Peter WolfやJackson Browneの新譜もよかったです。今はネットで試聴も出来ますし、映画と違って買ってみてハズレというのはあまりないですね。残念だったのは山下達郎の新作が出なかったこと。今年に期待です。
リストを見ると映画と違って洋楽が多いですが、これは基本的な方針としてJ-Popはレンタルが多いからですね。洋楽は新作がレンタルできないですし、そもそも聴きたいものがレンタルされる可能性もあまりないので(苦笑)J-Popではスピッツミスチルの新作がよかったと思います。


再発モノではSpringsteenの「闇に吠える街」リマスターに尽きますね。おかげで今ずっとSpringsteenモードです。"Racing in the street"の動画を載せておきます。しみじみいいです。

他ではStonesの「メインストリートのならず者」は期待したほどではなかったです。Stonesはリマスターが完成したので、アナログの箱セットが出たみたいですね。(とてもそこまで手が出ませんが)昨年は再発モノも真打ちThe Beatlesが出てしまった後だったので、あまり充実した年ではなかったかもですね。The Beatlesもアナログ盤が出るかもしれません。


ここんとこライブはご無沙汰してますが、昨年は年末に竹内まりやのライブを観ました。(山下達郎も行きたかったけどチケットが取れませんでした。)前座があるという(センチメンタル・シティ・ロマンスでした)珍しいライブでしたが、とても良かったです。もう御年50代ですが声量も充分ありますし、まだまだ現役でいけますね。バックは山下達郎バンドですから演奏も文句なし。しかし彼女のようにライブはほとんどしない、アルバムも数年に一度のペース、マスコミにもほとんど露出しないというスタンスで、ずっと一線をキープしているというのは凄いことです。