読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

ポタリング 嵐山ー保津峡ー亀岡...そして初ゴケ

今日はソロで嵐山方面へ。とりあえず保津峡まで行ってそこから先はトロッコで亀岡に行くか戻るかは体力と相談という適当なプラン。ソロならではのプランです。出発は6時半の予定でしたが、なんだかんだで7時になってしまいました。
木津自転車道から嵐山方面への分岐点、御幸橋です。左の橋は古い橋で、右の橋は架け替えた橋。

桂川沿いに北上します。気がつくと京都タワーが見えてきました。
うん?京都タワー??おかしい、嵐山方面へ行くのに京都タワーが見えたらおかしい。よく見ると川もいつの間にか桂川ではなく、鴨川になってます。とにかく戻ります。
桂川にリカバリできました。30分くらいロスしました。

今日は天気が微妙です。曇ってるおかげで走りやすくはありますが。
嵐山到着しました。ここで10時過ぎくらい。

渡月橋です。結構観光客も多いです。紅葉シーズンはめっちゃ混むのでしょうね。


人力車もフル稼働中です。暑い中ご苦労様です。

保津峡に向かいます。ちょっと道に迷ったけど何とか府道50号に復帰。
途中の六丁峠。この先の坂が強烈でした。

峠のてっぺんで一休み。きつかったですね。自転車よりハイカーの人が多いです。

保津峡に着きました。保津川下りも頻繁に下ってきます。

トロッコ列車です。亀岡行きは満席とのこと。


亀岡行きは満席で、戻りの嵐山行きは40分くらいあり待つのもアレなんで、駅にいた人に亀岡への道があるか聞くと、二つ先の橋を左に曲がれば川沿いの道を行けるらしい。多少登りはあるが、六丁峠ほどじゃないとのこと。車は通行止めだけど、自転車は通れるとのこと。
それでは先を目指します。うん、教えてもらった通りの道がありました。どんどん登って行きます。結構しんどいです。やっと下りになったところで...コケてしまいました。
下りながら左へのきついカーブを抜けたところに土砂が盛り上がってました。あっ!と思いブレーキング、そこそこスピードが出ていたので後輪が右へ滑って左側へコケました。
左側を強打して、左ひじ、左ひざを擦りむきました。怪我の程度はたいした事ないけど、人がほとんど通らない山道でアクシデントはかなり心細いです。
気を取り直して自転車を確かめます。うん、大丈夫のようです。ところが走りながらギアをローにシフトしたところでチェーンがドロップしてしまいました。シフトの具合ももう一つです。とりあえず嵌めて走りますが、道がかなり悪いです。通行止めも納得。マウンテンならどうってことないけどこちらはロードバイク、おっかなびっくりで進みます。
やっとのことで亀岡に到着。

とりあえずドラッグストアを探します。SATYを発見したので昼食を済まし、絆創膏と消毒薬をゲット。この時点で14時半。応急処置をして府道6号を高槻に向かいます。
高槻に行くまでに一山越えました。先日の紀見峠ほどきつくないですが、汗はボタボタ落ちてきます。高槻から枚方に出て関西医大の横の休憩所に戻って来たのが17時過ぎ。この時点で既に120kmくらい走っています。今日も淀川沿いの帰り道は向かい風がきつそうなんで、すぐ近くの枚方駅から輪行で帰ることにしました。
家に帰って鏡を見たら我ながら情けない姿(苦笑)シャツの左側はどろどろでよく見ると肩口は破れています。まだ買ったばかりなのに(涙)でも大けがしなかっただけ幸いと思わないといけないですね。
懸案事項のお尻の痛みですが、先日サドル位置の微調整をしたおかげか今日はかなりマシでした。