読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Generation (自転車と本、あるいは音楽)

自転車での走行記録とか好きな本や音楽などをメインにお届けします

All Blacksが初の連覇達成! - Rugby World Cup 2015

およそ一ヶ月半に渡ったラグビーの祭典も終わりを迎え、All Blacks が 34 - 17とWallabiesを撃破、W杯史上初の連覇を決めた。ニュージーランドの優勝は通算三回目となりこれもトップとなった。

www.youtube.com

前半から地域もボール支配もニュージーランドが優位に立ちゲームを運ぶが、豪州も懸命の防御でトライを許さない。38分、前半も残りわずかというところで豪州陣22m内のラックから右へ展開、センターのコンラッド・スミスが縦に切り込み大きくゲイン、クロス気味にハーフのアーロン・スミスが外へ持ち出し、主将リッチー・マコウ、最後はウイングのネヘ・ミルナースカッダーがノーマークでトライ。空いてる隙間なんかないように見えたが見事なトライだった。16−3とAll Blacksがリードで折り返し。

しかし、豪州もこのまま引き下がる訳には行かない。NZノヌーに独走トライを決められた後、50分頃にNZフルバックのベン・スミスがシンビンで一時退場。この機の逃さずモールを押し込んでトライ、更にキックのカバーが薄いところをついてトライを決め、21 - 17と追いすがる。しかし、All Blacksは正確無比のキッカー、ダン・カーターがドロップゴールを決め、24 - 17とし、最後は一時退場となったベン・スミスが相手のミスボールを素早くキャッチして深く蹴り込み、バレットに繋いでトライ、豪州を突き放した。

これでAll Blacksは前回大会から実に14連勝。強いです。特にバックス、判断のよいアーロン・スミスとキックが凄いダン・カーターのハーフ団。突発力が凄い、ノヌー、ソニー・ビル・ウイリアムズ、コンラッド・スミスのセンター陣に、決定力が半端じゃないサヴェア、ネヘのウイング陣。ちょっとでも隙見せたらすぐトライを取られてしまう。今大会で主将リッチー・マコウとダン・カーターが代表引退ということで一時的には戦力ダウンするだろうけど、またすぐに次のタレントが出てくるのでしょう。引退する2人には拍手を贈りたい。お疲れ様でした。

3位は南アフリカトップリーグでプレーする選手にも注目

3位決定戦は南アフリカがチャンピオンシップでの借りを返し、アルゼンチンを退けた。アルゼンチンはちょっとスクラムで劣勢だったし、反則も多く勝機を見いだせなかった感じがする。

次週から国内ではトップリーグが開幕、今年は南ア勢がたくさん日本でプレーする。

www.top-league.jp

特筆すべきはNTTドコモ、南アのスタンドオフ、ポラードと2m越えのロック、エツベスに豪州フルバックイズラエル・フォラウが参戦。これはちょっと見てみたいです。五郎丸人気でヤマハ戦は完売してるらしいけど、サントリーやドコモなどW杯で活躍した選手も要注目だ。

次回大会はいよいよ日本で開催

さて、次回はいよいよ日本での開催となる。この祭典が国内で見られるなんて今からワクワクするし、今でも信じられない感じ。しかしながら日本のラグビーは今までこれほどの大きな試合を運営した経験はない。国内リーグもプロではないし、集客もそれほどある訳でない。大会はどんどん大きくなってきているけど、それに耐えられる運営が日本にできるのか?こちらも課題が山積だ。